北海道胆振東部地震

平成30年9月6日午前3時8分ごろ、北海道中南部・胆振地方、安平町付近を震源とする、北海道胆振東部地震が発生しました。

お亡くなりになられた方に心より哀悼の意を表します。

被災されたみなさま、復旧作業に携わっているみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

自然の力の強さを改めて感じました。

わたしは札幌市に住んでいます。震度5弱だったようです。

2018年9月6日午前3時すぎ。すっかり眠りについている時間に緊急地震アラームとほぼ同時に強い揺れがきました。

本棚に収まらず重ねておいていた本が崩れ、冷蔵庫の中の何かが落ちる音がきこえました。

北海道にしか住んだことがありませんが、こんな大きな揺れは初めてでした。

揺れが収まり、早速テレビで速報を見ました。

当初は震度データの入電ができない場所があり、最大震度は安平町で震度6強と発表されていました。(当日の夕方ごろ、最大震度は厚真町鹿沼で震度7を観測していたことが発表されました。)

15分くらいテレビで情報を集めていたところ、突然の停電。窓から外をみると、街灯や周りの家も電気が消え真っ暗でした。停電です。

あらら(汗)と思いつつ、この時は朝起きたら電気もくるだろうという気持ちでした。余震も怖かったのでベッドに入り熟睡できないまま朝を迎えました。

あまり寝た気持ちにもなっていませんでしたが、あたりが明るくなったので起床。朝7時の時点ではまだ電気がつきません。

ツイッターをみると、

「こっちは無事です!」

「まだ停電だー」

などの安否が確認できるツイート。これは安心しました。

しかし、

「6時間後に断水!」

「停電解消まで3日はかかるみたい・・・」

などなど不安を煽るような、ツイートが回ってきました。

その中には「自衛隊の知人から聞いた」だとか「消防の人が言ってたから本当みたい」という一言が書かれているものもあり、信じてしまい親切心からリツイートされたり、拡散されたものもありました。

わたしも電気はまだしも水道まで止まったらどうしようと、念のためお風呂やペットボトルに水を貯めました・・・

結局、断水は一度もすることなく終わったんですが(汗)

便利なSNSも自分で情報の取捨選択ができないと周りをまきこんで、混乱させてしまう可能性もあるツールだと改めて実感しました。

地震当日の日中に、家では電気も通っていないので外の様子を見に行きました。道内全域が停電と知ってはいたものの、信号はついていなく主要交差点にのみ警察官の方々が手信号で誘導してくれていました。みなさん譲り合い運転で逆に事故は起こらないのではないかと思いました。

石山通は手押し式信号のところ以外は信号が機能していたようです。非常用でつけれたのかな?

スーパーやコンビニ、ガソリンスタンドは停電のため閉店になってるか、大行列!!

やっとこさ入れた道民のソウルストア「セイコーマート」はおにぎり、弁当類、パン、カップ麺、ペットボトル飲料は皆無。それでも何か口にしたかったので、スナック菓子とチョコレートを購入しました。

従業員さんも被災者であるのに、できるだけ変わらず営業しようとしてくれて感謝感謝です。こういうときのために、家に小銭とか少しは用意しといたほうが良いなと思いました。

そして、現代のキャッシュレス化。こういった非常事態のときにどうするんだろうと思いました。停電となると、レジはもちろんATMも止まってしまいます。全て人の手でのお金のやりとりです。

わたしは無駄遣いしちゃいそう…という理由からいまだに現金派ですが、今回を気にやはり完全キャッシュレスというのは危険かなと肌で感じました。

わたしはこの非常事態のなかでこれは一人では乗り切れないと思い、彼と非常食やお菓子、冷蔵庫にあったものを持ち寄って電気のない生活を少しでもポジティブに過ごそうと思いました。

そして電気が復旧しないまま夜になりました。ロウソクだと大きな余震があったときに、倒れて火事になんてなったら危険なのでペンライトやLEDライトで部屋を明るくし過ごしました。ガスは普通に使えたので、冷凍してあったけど停電で解凍されつつあったご飯でおかゆにして食べました。

オール電化の家も考え物だなと思いました。

今朝よく眠れなかったこともあり、地震当日は22時ごろには寝てしまいました。

早寝したせいと電気がいつくるのかという、焦る気持ちもあったのか5時くらいにはうっすら目が覚めてしまいました。

すると地震後の停電から約26時間ぶりにテレビがつきました!わたしの家付近は5時30分ごろ、電気復旧です!!

それでも澄川地区などは夜まで電気が来なかったのだとか・・・

地震発生後、1週間から10日までは大きな余震には注意とのことなので、気をつけていましたが地震発生1ヶ月がたとうとしている今でも体で感じられる余震が続いています。これが結構怖い・・・。

そして、できる限りの節電もしていきましょう!あとは落ち着いたら防災グッズもそろえたほうがいいと感じたはずです。

思い立ったらすぐ行動!

自然災害が起こることは仕方がないけれど、その前に災害に備えられるように、そして災害にあったときにとる対応はわたしたちが選べます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。